早くて安いDM印刷業者の上手な探し方

これまではDMを準備しようと思うと、ある程度時間もかかっていたので発送までの計画もきちんと立てておかないといけなかったのですが、今はたくさんの業者があるので重宝しているのではないでしょうか。その中でもより早く、費用も抑えて作業をしてくれる業者を探す時には、格安や短納期を明確にしているかどうかを見ていきましょう。気になる業者があれば見積もりを依頼したりシミュレーションを利用して大まかな価格を出して比較します。難しいデザインに関してもどこまで行ってもらえるのか、無料と有料になる部分がどこなのかもはっきりしていると、より安心して利用できます。必要部数も小ロットからの印刷が出来ると、さらに使い勝手も良くなりますので、料金表と合わせてチェックしておきましょう。

いろんな種類があるので使い分けたい

DMと言っても、これまでと同じような封筒に封入していくタイプもあれば、ポストカードでぱっと誰もが見てもらえるようなお知らせもあります。届いた本人に空けてもらえるようにする圧着ハガキなどもありますので、お知らせしたい内容に合わせて使い分けていくのもポイントになります。利用する種類によっても価格や納期が変わりますし、何より印刷する情報量にも違いが出てきます。あっさりとした連絡事項ぐらいであればポストカード、個人だけにお知らせしたいような特別な宣伝であれば圧着ハガキというようにいろんな使い方ができます。サンプルの配布も準備してくれている業者もありますので、使い勝手が良く分からない時には是非とも取り寄せておきましょう。作業実績なども公開していれば、そちらも参考になるので見ておいて下さい。

重要なデザインはどこまでしてもらうか

DMを印刷する上で重要なのは、どんな内容にするのかというデザインです。自分で作る場合でも、デザインするためのテンプレートにこの範囲まで印刷可能というようにいろいろ書いてあるのが分かりますが、それ以上にどんな情報をお知らせして、見てもらいやすいように配置し、興味を引くようにするのは想像している以上に困難です。アドバイスに乗ってもらえるようなちょっとしたデザイン相談から、最初から全てフルオーダーする方法など、いろんなやり方があります。フルオーダーの場合にはじっくりと打ち合わせをしていくところから始まりますので、早く発送にこぎつけたいと思うのであれば、ある程度どのようなお知らせで利用したいのかを決めておくとスムーズです。効果のあるDM製作をしてもらえるか複数の業者の比較はしておく事をおすすめします。