DM印刷業者のおすすめのサービスをお伝えします

ダイレクトメールの事を単にDMなどとも言いますが、ダイレクトメールを送付してもほとんど反響がないとお嘆きの企業担当者も多いのではないでしょうか。ダイレクトメールだと分かると、見る側は中身を見ずにゴミ箱に捨ててしまう傾向が高いため、ダイレクトメールには見る人が開封してみたいと思わせる工夫を取り入れる事が求められます。この工夫の一つに、興味を持つと思われる人にだけダイレクトメールを送付する方法が挙げられます。例えば、ダイレクトメールの発送代行業者の中には名簿情報を保有している業者さんも多くあり、名簿情報の中には趣味や年収、高額商品の購入履歴やサービスの利用履歴などの情報もあり、こうした情報を活用する事で興味を抱く顧客を絞り込んでダイレクトメールを送付する事が出来るようになります。

発送代行を利用すれば社内での工数を削減出来ます

発送代行業者の中には魅力ある広告の企画から制作、発送手配などを一貫して行ってくれる業者さんも多くありますし、一部の工程だけをお願いする事も可能です。例えば、広告の制作は社内で行い、広告と宛名リストを業者さんに渡すと、指定の顧客に発送手続きを行って貰う事も出来ます。ちなみに、広告郵便はハガキや封書などのような小規模のものであれば普通切手を貼って送付する事が出来ます。この場合は通常の郵便物として発送が可能です。しかし、パンフレットなどのようなサイズが大きなものを発送したいなどの場合、広告郵便物の申請手続きが必要であり、手間などが掛かります。代行業者に依頼をした場合、申請手続きなども代行して貰えるので社内での工数を削減出来る、面倒な手続きをお願い出来るなどのメリットがあります。

特定の顧客に対して異なるDMを印刷する方法

DMの制作には開封をして貰う工夫と広告を見る人に購入や利用する意欲を高める工夫が必要です。単に、広告を不特定多数の人に送付しても反響が殆どないなどのケースは多いと言えましょう。しかしながら、工夫を行う事で開封率が高くなる、訴求力を持つ広告を製作する事で利益を高める効果にも繋がります。最近はオンデマンド印刷で広告を制作するケースが増えているのですが、オンデマンド印刷の場合は製版工程が要らないのでコストを抑え、短期間で製作が出来るなどのメリットもありますし、特定の顧客に対して異なる広告を製作する事も出来ます。これは刷版を製作しないため、画面上で操作を行えば連番を付けて印刷物を作る事も可能になるため、配布を行う顧客により内容を変えたDM広告を製作する事も可能です。