DM印刷業者のサービスと相場の傾向

顧客に対していろんな商品やサービスがあれば随時お知らせしていくことで、再来店や購入を促す事ができます。利用しやすいDMも気軽に印刷が出来るようになっていますが、以前は封筒を用意してそこに自分たちでチラシも封入して投函していたものです。今では出来上がったものを封入してくれるだけでなく、投函まで行ってくれるサービスを提供してくれる業者もありますので、時間がないときや人手が足りない時には時間短縮にもなりますのでおすすめです。封筒以外にも使いやすいはがきも種類が出てきているので、お知らせしたい内容に合わせてツール選びが出来ますので、宣伝や告知内容にも幅が出て使い勝手も良くなっているのが特徴です。業者毎にいろんなアイテムがありますので、上手く使いこなしましょう。

用途に合わせて使いやすくなっています

DMというと何となく迷惑なものと言うイメージもあるかもしれませんが、いろんなシーンで利用されています。最近は宛名などもなく、その町で配布できるような簡単に作れる広告としてのハガキもありますし、これまでと同じようにきちんと相手を指定して送るはがきや封筒もあります。特にハガキは増えつつあるのが圧着タイプです。剥がせば中にいろんな情報が記載されているのを見たことがあると思いますが、普通の片面ハガキよりさらにたくさんの情報を掲載できますし、プライベートな情報も他の人から見えないようにお送りする事ができますので、スペシャルセールなどの特別情報をお知らせしたりするのにも重宝します。圧着タイプも100部で、1万円前後ぐらいで利用が出来るので、気軽に印刷してもらえます。

料金内に含まれているサービスのチェック

お知らせだけには留まらず、顧客とのつながりを強めるお祝いなどのコミュニケーションツールとなど、活躍の幅が広がっているDMは、業者毎に料金が違うのがよく分かるでしょう。安くても基本料金だけだったりする事もありますし、高いと思っていても、印刷してくれる範囲が宛名も込み、他にも発送もしてくれるなど、トータルで見れば同じか安かったという事もあります。見てもらうためのデザインにこだわるのは当然のことですが、だからと言って高くて当たり前というのでは使いにくいです。提示されている料金の中にはどこまでの作業が含まれているのか、他にもオプション料金や配送料金などを細かくチェックしておきましょう。デザインも料金もバランスが取れていると思える業者で依頼をすることをおすすめします。